トップへ » MI なるべく削らない治療

MI なるべく削らない治療について

MI(Minimal intervention:最小限の侵襲の治療)とは、虫歯を処置するとき、その最も美しく大切な歯をできる限り削らずに、虫歯だけを取り去り治療する方法です。

一般的な治療(従来の治療)では虫歯を削り、クラウン(被せ物)やインレー(部分的な被せ物)を保持させるために、虫歯以外の健全な部分も削って必要な形態を付与する必要がありました。よって健全歯質を余分に除去して便宜的に大きな形態を付与する修復方法でした。

しかし、最近では歯と接着する材料やつめる材料の開発が進み、咬み合せにも耐えうるようになってきました。そのため、最小限の治療が可能になってきました。
MIによる方法とは従来のインレー等による修復方法とは対極にある方法論です。

当院で一番よく行われているスタンダードな保険適応の治療です

治療前
治療前

矢印
矢印


当院で行っているMI法
当院のMI法

従来から行われているたくさん
歯を削らなければいけない治療法

従来の治療法

症例1

金属の詰め物(IN)の
ふちから虫歯がみえます

症例1-1

矢印

INをはずしたところ
中にも虫歯が広がっています

症例1-2

矢印

プラスチックの材料で
その日に詰め終わりました

症例1-3

症例2


歯の間が虫歯で欠けています

症例2-1

矢印

歯を最小限に
削っているところです

症例2-2

矢印

プラスチックの材料で
その日に詰め終わりました

症例2-3


神経をとった歯には必ず土台をいれ、被せものにしなければいけないと思っていませんか?
こういった治療がいまだに多いため、一般の人はこう思われるかもしれません。

ある程度の厚みの歯が残っているのに、この治療方法を選択した場合、大切な歯をどんどん削り歯の寿命を少なくしています。なぜなら、歯が薄くなるとのちに歯根破折の原因になるからです。
歯根破折による抜歯のを割合は12%以上もあります。


神経をとらなければいけない
大きな虫歯があります
(神経をとる前)
手順1

矢印
矢印


当院で行っているMI法

(MI治療後)
手順3

大きい土台をいれて
銀歯になります
(従来の治療)
手順2

このようにある程度歯が残っている場合は、白いプラスチックの材料や部分的な金属やセラミックの材料で治療がおわれます。

ただし、全ての虫歯に適用できるわけではなく、虫歯の進行度合いによってはクラウンやインレーを入れなければなりません。

当院の特徴
痛みの少ない麻酔キッズコーナー・カウンセリングルーム完備
最新設備の導入MI なるべく削らない治療

診療メニュー
審美歯科予防歯科小児歯科ホワイトニングウォーキングブリーチ
矯正根の治療MTAセメントを用いた最新治療削らないブリッジ

当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間院長ブログ

このページのトップへ


トップへ » MI なるべく削らない治療