トップへ » 審美歯科

私たちが思っているより多くの方が、最小限の治療で最大限の審美性を獲得したいと強く望まれています。
当院では、MIコンセプト「なるべく削らない,歯を保存する」を活かした審美治療を行っております。

審美歯科とは、審美(見た目の美しさ)面に重点を置き、より美しく、キレイな口元に仕上がることを目標として行われる歯科治療です。あなたの最高の笑顔を引き出します。

セラミック治療

歯の被せ物や詰め物に、白く変色しない耐久性のあるセラミッククラウン、セラミックインレーの施術を行っています。 銀歯の見た目が気になる方や金属アレルギーが気になる方へおすすめの治療法です。

① オールセラミッククラウン(メタルフリー)

オールセラミッククラウン

歯の形・歯並びをキレイに整えたい」、「デザインや質感を良くしたい」、「歯ぐきの境目の黒ずみを取りたい」といった方は、金属を使わないメタルフリーの治療、オールセラミッククラウン法をご紹介いたします。

内側から外側まで全てセラミックで出来たクラウンです。当院では金属を使用しないメタルフリーの治療を推奨しています。

ジルコニアオールセラミック

内側から外側まで全てセラミックで出来たクラウンで、内側の素材に人工ダイヤモンド素材のジルコニアを使用したものです。
冠の内側に金属を使わないので、メタルボンドより透明感があり、金属アレルギーが心配な方に最適です。年数が経過しても、歯ぐきとの境目が黒くなったりしません。

症例

処置前
ジルコニアオールセラミック処置前

矢印

処置後
ジルコニアオールセラミック処置後

e-maxクラウン ,インレー

「e.max(イーマックス)」による丈夫でキレイなセラミック素材を使用したオールセラミッククラウンです。 前歯・奥歯ともに使用でき、透明感を求めながらも強度が得られるので、おすすめの治療法です。

症例1

処置前
処置前

矢印

処置後
処置後

症例2

処置前
処置前

矢印

処置後
処置後

② フルジルコニアクラウン(メタルフリー)

人工ダイヤモンドであるジルコニアを削りだして製作をするため、全てジルコニアで出来ています。強度はセラミックの中で一番強く丈夫なオールセラミッククラウンです。

欠けたりする心配が少ないので、歯ぎしり・食いしばりのある方にも使用可能です。被せ物の厚みがあまりとれない場合にも有効です。
しかし、ジルコニア自体にはあまり透明感が無いので、天然の歯の質感には遠く及びません。
前歯や奥歯でも十分にスペースの有る場合はe-maxの方をお勧め致します。

最近は、従来タイプのものよりはやや強度は落ちますが、透過性が高い綺麗なフルジルコニアのラインナップも出揃ってきています。

症例

従来のフルジルコニアブリッジ
従来のフルジルコニアブリッジ

③ メタルボンド

メタルボンド

金属の裏打ち(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。
透明性や色調はオールセラミッククラウンに比べると劣ります。年数が経つと、歯と歯ぐきとの境目に、裏側の金属が見えてくることがあります。

金属の土台が太くて長くはずせない場合や隣の歯にすでにメタルボンドがはいっている場合などを除き、当院ではあまり使用しない傾向にあります。

症例

処置前
メタルボンド1

矢印

処置後
メタルボンド2

コンポジットレジン修復

コンポジットレジン充填とは、虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという歯科用の白いプラスチックで詰める方法です。

レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料です。

治療の流れ


コンポジットレジン1
インレーのふちから虫歯が広がっています

矢印

コンポジットレジン2
インレーと虫歯を削っています

矢印

コンポジットレジン3
CRを充填していきます

矢印

コンポジットレジン4
CRを充填して完成

また、レジンは虫歯治療だけではなく、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善をしたりなど、様々な用途で使用されています。

◆CR(コンポジットレジン充填)のメリット

治療期間が短くて済む。(多くの場合、1日で治療が終わる)
型取りが必要ない
色が歯に似ているので見た目が良い。
歯を削る量が少なくて済む。
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。
再治療が必要な場合でも、比較的簡単に再治療が行える。
保険適用の場合は安価。

◆CR(コンポジットレジン充填)のデメリット

時間が経つと変色する(経年劣化)し、見た目が悪くなることがある。
強度が強くないので、噛み合わせなどが原因で、欠けたり割れたりすることがある。

MIのページ参照

ファイバーコア

オールセラミック治療を行う時、金属の土台(メタルコア)では、金属が透けて黒く見えてしまいます。
そのため、審美歯科治療では、神経を抜いた歯の土台にファイバーの物を使用します。
なるべく透明感のあるオールセラミックを作成することで自然な仕上がりとなります。

●治療の流れ

オールセラミックの透明感を増せば中の色がさらに透けてしまいますので、ファイバーコアとオールセラミック治療はセットだとお考えいただいたければ良いと思います。

メタルコアとファイバーコアの比較

メタルコア
メタルコア

ファイバーコア
ファイバーコア

従来使用していた金属の土台より、ファイバーコアを使用する事で審美的にも歯の色が黒ずんで見えなくなる利点だけではなく、歯の根っこを補強し、歯の根っこが折れにくくする大きな役目もあります。

歯根破折イメージ
歯根破折のイメージ

金具のみえない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

入れ歯が見られるのが嫌だ・・・

入れ歯を考えている皆様は、友人やお会いした方々に入れ歯だと気づかれたくないと思います。 そのような患者様にはこちらの「ノンクラスプデンチャー」をご紹介します。ノンクラスプデンチャーは金具(クラスプ)を使用しない入れ歯です。

ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり、金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。

保険の入れ歯との比較

保険の義歯
保険の義歯

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

このようにノンクラスプデンチャーは、見た目がとにかく自然な入れ歯です。

今まで入れ歯を見られて嫌だった方や、それが原因で笑いにくくなってしまった方、入れ歯を使用することに対して抵抗を感じる方など、入れ歯の見た目で気にされていた方には心からオススメしたい入れ歯です。

症例

装着前
装着前

矢印

装着後
装着後

笑った時

Before
Before

矢印

After
After

歯ぐきのエステ(ガムピーリング)

喫煙や先天性な理由により、メラニン色素が沈着し、歯ぐきがくすんでいたり黒ずんだりしていることがあります。 そのような場合、薬液塗布により、本来の健康的なピンク色に戻すことができます。

治療前
メラニン色素除去1

矢印

治療中
メラニン色素除去2

矢印

治療後
メラニン色素除去3

症例

Before
Before

矢印

After
After

当院の特徴
痛みの少ない麻酔キッズコーナー・カウンセリングルーム完備
最新設備の導入MI なるべく削らない治療

診療メニュー
審美歯科予防歯科小児歯科ホワイトニングウォーキングブリーチ
矯正根の治療MTAセメントを用いた最新治療削らないブリッジ

当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間院長ブログ

このページのトップへ


トップへ » 審美歯科