トップへ » 小児歯科

お子様の歯を守るために ~ご両親の大切な役割~

お子様の歯(乳歯)はやわらかく、大人の歯(永久歯)よりも虫歯になりやすいものです。

そのため、虫歯にならないようにするためには、日頃から虫歯予防に努めることが重要です。 歯科医院でも予防処置を行っていますが、やはりご自宅でのケアが何といっても欠かせません。

お子様の歯を守るために

お子様の歯の健康を守ることは、ご両親の大切な役割です。
お子様の歯の状態をそばで見守り、歯を健康に保つ手助けをしてあげましょう。

子どもの歯科治療で気をつけたいポイント

お子様は歯医者を怖がる傾向にあります。

口の中をいじられ、時には痛い思いもするため、歯医者に来ただけで泣き出してしまう子もいます。

怖い思いをさせないためにも、当院ではご両親に以下のような協力をお願いしています。

子どもの歯科治療で気をつけたいポイント

ポイント1

歯医者というと、多くの人が虫歯治療などをするのがメイン、と思われるのではないでしょうか。
しかし、歯のケアでもっとも大切なのは虫歯や歯周病を予防することです。治療より予防をすることが現代の歯医者の真の役割なのです。
虫歯になったら歯医者に行くのではなく、普段から健康な歯を保つために歯医者に通う必要があることを伝えてあげてください。

ポイント2

お子様に「歯医者の治療は痛いよ」など、怖がらせることは話さないようにご注意ください。また、痛かった体験談もしないであげてください。
もしご両親が歯医者を嫌がるそぶりを見せれば、お子様は歯医者が怖くて嫌な場所だと思ってしまいます。

ポイント3

大きな虫歯の治療になった時、当院では麻酔で痛みを感じにくくしてから治療をすることがあります。
お子様は「注射」をとても怖がるものです。説明する時は「注射」ではなく「しびれ薬」などと教えてあげてください。

ポイント4

治療後には「我慢してえらかったね」とお子様をよくほめてあげてください。
虫歯治療への恐怖が和らぎ、次回も頑張ろうとする力が湧いてくることでしょう。

虫歯や歯周病の予防が大切な理由

虫歯になった歯は治療できますが、決して元通りになりません。
そのため、虫歯にならないように注意することが大切です。

お子様の歯はとても虫歯になりやすいもの。乳歯が虫歯になると、乳歯の下にある永久歯に影響が出ることがあります。 永久歯の歯並びや歯の形が悪くなったり、さらに永久歯自体も虫歯になりやすくなったりすることがあるのです。

乳歯は生え変わるからと油断はしないでください。

虫歯や歯周病の予防が大切な理由

これらのことに気を配りましょう!

・正しい歯みがきで細菌を取り除き、歯をきれいにする
・だらだらと食べず、また甘いものを控えるようにして、細菌が増えるのを抑える
・フッ素塗布などを定期的に行い、虫歯になりにくい歯にするよう心がける

当院の小児予防処置

フッ素塗布

歯を強くし、虫歯になりにくい歯にするフッ素を歯に塗布することで虫歯を予防します。
また、ごく初期の虫歯であれば、フッ素によって虫歯が治ることもあります。

フッ素塗布

シーラント

奥歯には細かく深い溝があり、食べかすが詰まりやすい上に歯みがきしにくいため、虫歯になりやすくなっています。

この奥歯の溝を歯科用のプラスチックで埋めることで、虫歯になるのを防ぎます。 乳歯、生えたばかりの永久歯、どちらにも効果的です。

シーラント1

シーラント2

当院の特徴
痛みの少ない麻酔キッズコーナー・カウンセリングルーム完備
最新設備の導入MI なるべく削らない治療

診療メニュー
審美歯科予防歯科小児歯科ホワイトニングウォーキングブリーチ
矯正根の治療MTAセメントを用いた最新治療削らないブリッジ

当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間院長ブログ

このページのトップへ


トップへ » 小児歯科